スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

099【Sharon Jones & The Dap-Kings/Give the People What They Want】2014年 昭和89年

軍足の棚から一つかみ
今年最初のオススメ。てか超オススメ。

新春ビッグネームのアルバムはBruce SpringsteenのHigh Hopesでしたが、自信をもってオススメするのはSharon Jones & The Dap-Kings(シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス)の6作目のアルバム、Give the People What They Wan。
1月14日リリースです。
何も言うことなし。好きな人は下のビデオ見ればそう言うはずです。
この良さが分からない人とは多分、音楽では絶対に話が合わないと思います。

Stranger To My HappinessSharon Jones

http://www.youtube.com/watch?v=aw3FERP5djE

Retreat カッコいいぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=PrOYkHjdpdM

Give The People What They Want
http://www.youtube.com/watch?v=VmLl21gZjfM
スポンサーサイト

098【Bruce Springsteen/High Hope】2014年 昭和89年

軍足の棚からひとつかみ
ボスの新譜です。
bruce.jpg

 年が明けて最初のビッグネームの新譜です。
Bruce Springsteenの18作目のスタジオアルバムHigh Hopeが1月14日にリリースされました。

 売りは「過去10年の間に書きためてきた最高峰の楽曲と、ライヴのみでしか演奏されてこなかった最重要曲を遂にスタジオ録音」とされています。そのライブのみの楽曲とは、American Skin (41 Shots)とThe Wallであり、それぞれテーマは人種差別とベトナム戦争。もうそれだけでボスでしょ。
 ただ、売れるアルバムだとは思いますが、数回聴いただけでは耳に残る曲 キラーチューンがないんですよね。

 昨年新譜を出したビッグネーム、・Rod Stewart ・Sting ・Paul McCartneyのアルバム、新人の新譜として聴けば大したことないと思うんですが、どれも過去の偉大な実績で認知バイアスのかかった過大評価されている傾向を感じてしまうのです。それらと比較すれば一定のところまでは到達しているアルバムだと思いますがかつての勢いは衰えていると思います。尿酸値たかくなっているぞ、たぶん。

High Hope タイトルチューンです
http://www.youtube.com/watch?v=rOPDhoZH91g

097【Barenaked Ladies/Stunt】1998年 昭和73年

軍足の棚からひとつかみ
個人的な20世紀末の象徴・おすすめバンドです。
barenaked.jpg

 Barenaked Ladiesはカナダのバンドで20世紀の終わり頃、本国での絶大な人気を背景に、このアルバムStuntで本格的に米国デビュー。そして見事ミリオンセラーを記録し、グラミーにもノミネートされ一時ブームになりました。全米ツアーは全てアリーナだったと思います。当時スカパーで見ていたオーストラリア発の音楽チャンネルChanel[V]でもヘビーローテションでした。
 サウンドはどこかコミカルでかつバンド系ポップの王道的コーラスと、全米でブレイクしたのもうなずけますが、なぜ日本で人気がでなかったのか未だに不思議です。
特に大ヒットしたOne WeekとIt’s All Done おすすめです。

早口言葉とアメ車かっこいいぞOne Week
http://www.youtube.com/watch?v=fC_q9KPczAg

Band系Popの王道の様なIt’s All Done
http://www.youtube.com/watch?v=Zs3xXlXSOKk

096【V.A/20 Feet From Stardom】2013年 昭和88年

軍足の棚からひとつかみ
いきなりボス登場のサントラです。
20 feet

珍しく、サントラをアップいたします。原題は20 Feet from Stardom、邦題『バックコーラスの歌姫たち』です。
現在絶賛上映中ですが、無責任なことにまだ見ていません。
内容については公式サイトをご覧ください。予告動画でいきなりBruce Springsteen The Boss登場です。MickもStevieも出てくる予告編。期待できますね。米国での評判も非常に高いです。

公式サイト
http://center20.com/ 

字幕なしの予告編
http://www.youtube.com/watch?v=tWyUJcA8Zfo

095【Train/California37】2012年 昭和87年

軍足の棚から一つかみ
50代を泣かす、中年バンド
train.jpg

 Trainというバンドをご存じでしょうか?米国の中年男3人組みのバンドですがデビューが1994年で、メンバー交代があったものの今日まで活動をつづけています。これはススキノで長いあいだお店を続けるような偉業ですよ。
 
 本日投稿するのは2012年に発表された彼らの6枚目のアルバム、California 37。このアルバムの1曲目、This'll Be My Year、これがいいんです。85年から今日までの自分たちの軌跡を時代背景と併せて切々を歌っております。別にバンドをやっていなくても同時代を生きてきた中高年には懐かしくてかつ切なすぎる内容です。

 下のビデオで一目瞭然ですが、85年のエピソードには任天堂やバンドエイド、89年はピート・ローズ、アフガニスタン、パンナムの爆破等々、こんな感じで92年、97年、2001年、2004年、2012年と歌われます。中には「JourneyはDon’t Stope Believin’と言ったが俺はやめてしまった」なんてシニカルな歌詞も含まれており、ホント中高年にはたまらないと思いますね。

 シングルカットされたDrive Byもドライブ感あるしMaroon5モドキの8曲目Memaidもよろしいです。

ビデオ見ただけで泣くよThis'll Be My Year
http://www.youtube.com/watch?v=PfT17egn1SM

Drive By
http://www.youtube.com/watch?v=oxqnFJ3lp5k

松田聖子じゃないけどMermaid
http://www.youtube.com/watch?v=nilUlU6fM0s
プロフィール

DeeJay軍足

Author:DeeJay軍足
加齢臭漂うDeeJay軍足です。
愛をこめて、アルバムをどうでもいいヘタクソ文書とジャケット写真で紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。