スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

065【矢沢永吉/サブウェイ特急】1998年 平成10年

軍足の棚から一つかみ
刺繍スーツお断りの男
矢沢

 中学時代、難波の家に行けばキャロルが流れ、高校時代には和也の家でソロになったヤザワを聞いておりました。その時代からヤザワは「不良」「暴走族」のシンボルでありアイコン。コンサートは集会となりその後は主催者が「特攻服お断り」と言わざるを得なくなります。私も20代の頃、宮島軍団の一員としてコンサートに行った記憶がございますが、来場者の使用ポマード集めたらドラム缶1本分になるぞ!とジョークを飛ばしたら前のリーゼントの方々がウケてくれました。
 そして40年近い年月が流れ、今年、グランド ハイアット 東京でディナーショーが開催されます。これが普通のディナーショーでは考えられないドレスコード、「男性はタイ着用、ただし刺繍の入ったスーツやカラースーツはお断り」がアナウンスされています。裏を返せば、この様な趣味嗜好の方々がお越しになることが予想されるということです。首尾一貫した姿勢はやはりファンの方々もポリシーを貫いている様ですね。
 個人的にはスノッブなグランド・ハイアットにカラースーツや刺繍スーツを着こなした方々が必要以上に股を広げ椅子に座って自己プレゼンスを高めている姿勢を見てみたいです。
 正直、ファンが熱狂的過ぎて眉をひそめたくなる方も多い矢沢ですが、語録の中にこんなのがありました。「ロックに詳しい層から見ればダサいモノであっても、本当に自分の内面から生み出した音楽をやる。そうでなければ、恥ずかしくて人前に出られない」カッコいいですよ。エーちゃん。しびれる言葉です。
パクリでビッグになった佐〇元〇より確かにダサい音楽だけど一万倍カッコいい。やっぱりカッコいい。しびれるね。
中華街
http://www.youtube.com/watch?v=w-2GNz3uivE
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DeeJay軍足

Author:DeeJay軍足
加齢臭漂うDeeJay軍足です。
愛をこめて、アルバムをどうでもいいヘタクソ文書とジャケット写真で紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。